FC2ブログ

伏見稲荷大社ロケ

この映画は、キツネがたくさん出てくる物語にしようと考えています 稲荷神社での撮影は必要不可欠、絶対的な条件になります。
今年の9月、愛知県の豊川稲荷様にて、物語の最重要シーンの撮影を行わせていただきました。 参照記事 →「豊川稲荷ロケ」

そして12月、京都にある伏見稲荷大社様にて、同じく物語のクライマックスとなるようなシーンの撮影を行わせていただきました
しかし、実は脚本をまだ書いていません。今年の3月、長崎の五島列島にてクランクインし、軍艦島でも撮影。熊本では、あそどっぐさんのシーンや、阿蘇での撮影も行ってきました。10ヶ月たっても第一稿さえ未完状態・・・
東京でのメイン撮影まであと3ヶ月に迫った頃、ようやくプロデューサーが決定
⚫︎プロデューサー:細口さん
⚫︎プロデューサー補佐:丸山くん
これで制作業務を抜け、脚本執筆に専念できます ありがとうございます。

前作の『上にまいります』が全てを兼任した結果、たった22分の短編映画に4年も費やし、未だオールアップしていない現状。来年の2月にすべての作業工程を終える予定。
今回の短編も同じく25分以内に仕上げます。4年ではなく、3年で。(すでに1/3経過)
これからは仲間と分業し、いいチームワークで更に努力していきますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。


京都 Kyoto
伏見稲荷大社ロケ 一日目 2014.12.6

京都1
東京から新幹線で京都へ。進行方向右側より富士山が見えます。なのでいつも右側の窓側を予約しています

京都2
名古屋を過ぎて、急に雪が降ってきました

京都3
京都に着いて、JR奈良線に乗り換え稲荷駅へ。とにかく観光客の多さにビックリ まずは腹ごしらえで、花家さんのいなりセットでパワーを充電。とても甘くて、今まで食べたことのない味に感動。お店の方も親切で、みんなキツネに見えてくる

京都4
義神殿で東京のお土産を渡し、ご挨拶。事前に企画書のみ送付し撮影許可をいただいていました。(豊川稲荷の時もそうでしたが、この時点で奇蹟) 簡単に映画のストーリーを説明し腕章をお借りして、一人で撮影。

海外からの観光客の方々が、腕章を付けているからか、僕にいろいろ質問してきます。「キツネがくわえている物は何? どういう意味があるの?」
My Answerは「諸説あります。これは質問する相手によって答えは違うだろうし、それに日本人でもみんなが知っている訳ではないと思います。」ということを伝え、稲・珠・鍵については英語での表現が難しかったので、巻物“経典”についてのみ教えてさしあげました。(豊川稲荷のボランティアガイドさんの受売りだけどね)

京都5
撮影ポイントは主に千本鳥居です。以前、深夜に「いなり、こんこん、恋いろは。」という伏見稲荷を舞台にしたアニメを見ていて、ここで撮影できたら凄いだろうなぁ、とイメージを膨らませていました。そして気がつけば千本鳥居の中でカメラを回しているという、本当に不思議でしかたありません。おキツネ様に呼ばれた、そう思っています

京都6
観光客の方があまりにも多く、後頭部より上を狙った構図が目立ってきます。撮影を許された時間は9:00〜16:00の間。 一般のカメラマンたちは早朝の誰もいない時間帯や、日が暮れてからの千本鳥居を撮りに行ったりしているようですが(そういう写真がネット上にたくさんある) こちらは正式に撮影許可をいただいて、その時間内でしか撮れませんから、逆に今まで見たことのない構図の千本鳥居を映画の中に登場させようと考えました。カメラは一眼デジタルなので、時間外に撮影してもバレなかったでしょうが、神様はちゃんと見ています。正々堂々、感謝の気持ちで時間内のみ撮影を行わせていただきました。


伏見稲荷大社ロケ 二日目 2014.12.7

京都7
正面。

京都8
外国人に人気の観光スポット 日本No1

京都9
東京から援軍がやってきました 機材を全部一人で担がなくていいし、相談しながら撮影できるし、アドバイスもらえるし、会話があって笑顔になれる

京都10
本作プロデューサーの細口さんとは15年の付き合い。僕のいいところ、そうじゃないところ全てを知っている人です。僕がアクセル踏んで横道に逸れたら、上手にクラッチ踏んでくれます。

京都11
四ツ辻にて。スタッフが機材の片付けやレンズ交換をやってくれるので、僕は物語や構図(演出)に集中できました。

京都12
稲荷山の奥深く、眼力社にて。
援軍三人のうち二名はここまで。ありがとうございました


伏見稲荷大社ロケ 三日目 2014.12.8

京都13
いよいよ最終日、天候にも恵まれました。感謝です

京都14
最終日はステディカムではなく、主に三脚を使用し、レンズ交換しながらじっくり撮影といった感じでした。なので観光客の方々にモニターをよく覗かれました。「スゴイ!」「エイガ?」「ガンバッテ^o^」
iPad Air2の動画機能で、120フレームでのスローモーション撮影も行いました。

京都15
千本鳥居の中継地点にあるお店で昼食。ここのきつねうどんも最高に美味しい、幸せです

京都16
デザートまで頼みました 。ここで撮影のサポートをしていただいた、某テレビ局の兄貴は飛行機の時間になり下山。ご協力、感謝いたします。

京都17
伏見稲荷大社、残り滞在時間4時間。ここから一人で撮影しながら山頂まで挑む。至る所でネコが応援してくれました

京都18
四ツ辻に到着。ここから山頂まで1時間ぐらいかかりました。山頂に行くにつれ観光客は少なくなり、一部のスポットでは貸し切り状態でのロケに

京都19
下山しながらも撮影。帰り際に願いごとを書きました。豊川稲荷の旗に書いたことと同じです。

京都20
無事に撮影終了。夢のような三日間でした。伏見稲荷大社様、撮影に協力していただいたスタッフ、ご声援いただいた観光客のみなさま、ありがとうございました。

京都21
稲荷駅。

撮影の合間、ウォン・ジンポーと再会
撮影の合間、香港の映画監督ウォン・ジンポーと8年ぶりの再会 本作のスペシャル・サンクスです
参照記事 →「朋友、黄精甫」



【これからの予定】
来春、東京(おそらく北区)にてメインの撮影。大勢でゴミ拾いを行いますのでエキストラ大募集中です。障がい者(児)/セクシュアル・マイノリティ/国籍や外見、年齢性別関係なく、みんなで一緒にゴミを拾いましょう

その後、宮城県にて撮影を行い、完成は夏頃を予定しています。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

映画撮影のお手伝いボランティア、募集しております。→ 詳細


これまでの制作過程はこちら
Facebookフォトアルバム


スタジオウーニッシュ作品
Studio Wooonish presents



ポチっと応援クリックしていただけると、うれしいです
↓↓↓
にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

スタジオウーニッシュ

Author:スタジオウーニッシュ
記事:監督の堀河洋平

🏆第18回 長岡インディーズムービー コンペティション《奨励賞》受賞
・第1回 本郷映画祭
・福岡インディペンデント映画祭 2016
・小坂本町一丁目映画祭 Vol.14

スポンサー CM
主役紹介
予告
スポット
あそどっぐコント 完全版
グリーンバードの活動
グリーンバードの忘年会
完成披露試写会
パイ投げ
『上にまいります』予告
『てるてる坊主と金魚姫』予告
カテゴリ
最新コメント
応援クリック

FC2Blog Ranking

翔んできた人たち
最新情報は監督ツイッター
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR